読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

幸せなキスをして終了 Ver.2

ダイアリーからブログに引っ越したつもり アニゲと音楽のこととか

【ネタバレ注意!】ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q 情報まとめ

アニメ

ネタバレ注意やで〜













観てきたぞー
取り敢えずネタバレバリバリで
箇条書きにしてテキトーにまとめておこう。
一回観ただけだから嘘書いてたらごめんなさい。
考察のところは憶測ばっかりなので鵜呑みにしないように。











ネタバレ注意やで〜













■事実(劇中 及び パンフより)
・Qは破から14年後
・冒頭の宇宙空間で回収しているのは初号機(碇シンジのみか?)である。
・式波アスカは生存。眼帯付き。破の式波アスカと同一人物。
エヴァ適格者の少年少女は"エヴァの呪縛"に囚われているらしい。容姿外見に経年変化無し。
・ミサト、リツコ、オペレータ三馬鹿は生存。老けた。
・ミサト達、アスカ、そしてマリ真希波イラストリアスネルフではなく、新組織ヴィレに所属している。
・ヴィレはなんかすごい戦艦ヴンダーを旗艦としている。なんか空飛んでる。
・アスカはエヴァ2号機改、マリはエヴァ8号機に搭乗している。
・14年経ったことから、旧ネルフ組+新クルーが加入している。
・新クルーは00年代のガイナ臭(鶴巻臭)多めのキャラ数名&大塚明夫
・トウジの妹、鈴原サクラもいる。
・ミサト、アスカや鈴原妹含め、シンジに激しい敵愾心を表している。
・ミサト曰く、「あなたはもう、何もしないで」
・シンジ自身もQ時点の初号機にはシンクロできなくなっている。
・ヴィレの目的は特務機関ネルフの殲滅である。
・リツコ曰く、破ラストの初号機の覚醒で、綾波レイは初号機に取り込まれたまま行方不明である。
・回収作業で発見できたのはシンジ本人と、シンジのSDATのみである。
・初号機は現在、なんかすごい戦艦ヴンダーの主要機関として改造の上運用されている。
・元が初号機なので、ATフィールドの貼れる戦艦である。
・シンジにはエヴァ搭乗を防ぐ枷として、首輪が付けられている。ミサトの裁量でシンジを爆死させられるようになっている。

・旧ネルフ本部には、劇中でゲンドウ、冬月、カヲル、黒綾波、シンジ以外は人影無し。
・黒綾波は破までの綾波とは別物。記憶の引継ぎなし。
・ゲンドウ曰く、カヲルはゼーレ
からの使者としてネルフ本部にいる。
・破ラストでサードインパクトのなりそこない(カヲルが止めたから)が起こり、それをきっかけとしてガチサードインパクトが起こった。
・大半の人類はインパクトの影響で強制進化(エヴァ化)され、その後死亡した。
・つまり、初号機を覚醒させたシンジのせいで、世界は滅びた。
綾波を助けようとしたシンジのせいで、世界は滅びた。
・そして結局、元の綾波は救えなかった。

・カヲルはシンジの壊れたSDATや首輪など、リリンの作り出したものなら好き放題に出来るらしい。
碇ユイの旧姓は綾波ユイ。ゲンドウが元から碇なのか・六分儀なのかは不明。
綾波レイ碇ユイの複製品。破までのレイもその複製品のうちの一つ。
・ゲンドウは新たに建造した13号機で、さらなる世界の変革(→フォースインパクト)を起こそうとしている。
・フォースインパクトにはエヴァ13号機と、セントラルドグマにあるヤリ二本が必要である。
・ヤリ二本を使役するには、魂が二つ必要である。
・13号機は、魂を二つ同時に宿すため、二人乗りのツインエントリーシステムで設計されている。
・ゼーレ(カヲル)の目標とするインパクトには、ロンギヌスの槍とカシウスの槍の二本が必要とされている。
・ゲンドウの目標とするインパクトには、同じロンギヌスの槍二本が必要とされている。
・実際にセントラルドグマにあったのはロンギヌス二本。
・カヲルは今作でも使徒。
・ドグマに廃棄されていたMark6も使徒。

・終盤の戦闘で自爆した2号機は、半壊の状態でヴィレに回収されている。
・ガフの扉を閉じて高速落下した8号機も、破損した状態で回収されている。

・加地は出番なし、生存不明。
・トウジ、ケンスケ、ヒカリ、ペンペン等も出番なし。

・いわゆるCパートはなし。スタッフロールから直で予告。
・最終作のタイトルは「シン・エヴァンゲリオン劇場版:||」 (原文ママ)


■考察&推測
・ヴンターを拘束していた使徒らしき敵性物質が初号機の肩アーマーに酷似
(世界を一度滅ぼしたのが初号機とその覚醒によるものという証左?)

葛城ミサト自身が、回収されたシンジに対し「碇…シンジ君…で、いいのよね?」と極めて懐疑的な質問
(14年の年月を考えた演出か?
パラレル新世界や時代をもっとぶっ飛ばしたミサトの血縁者である可能性のミスリード?)

・旧ネルフで、トウジのワイシャツがシンジに支給される
(鈴原トウジ死亡説)
(妹はヴィレに居るんだからトウジだって生きてるよ説)
(トウジが氏んでたら妹がもっとシンジに切れてる筈だから無事だよ説)
(トウジの死も原因も、全て知った上でシンジに優しく接してあげてるサクラちゃんマジ天使説)
(ヴィレのクルーとしての仕事で穏やかに自分を抑えてるだけでホントは復讐心で怒り狂ってるよ説)
(またヤンデレかよもういいよサクラちゃんとちゅっちゅしたいよぉ〜説)

・冬月の渡したユイの写真にメガネ&赤いヘッドギアの女性が写っている
(マリ説)
(アスカ説)
(上記二名の血縁者説)
※呪縛で年を取らないのであれば、パイロット達本人である可能性も充分にある
※俺はアスカっぽいなーって感じたので、素直にアスカ母だと思うことにした

・そもそも破Cパートで槍に貫かれた初号機が何故宇宙空間に存在したのか? Qの予告でも「凍結されるエバー初号機」と言及があった筈では?
(破スタッフロール→Qは直接繋がっているが、
破Cパートはifの世界線かもしれない?)
※カヲルが初号機を止めるのに成功したのが、破ラスト→予告→?の世界線
失敗したのが破本編→つづく→Q

■感想
・初っぱなアスカ復活でイェアアアアアアア!!!
・全体的にアスカ大活躍でアスカ派はピシガシグッグッ(なんか精神崩壊とかもしなさそう)
・あえてアスカに綾波のことを聞くシンジ君ww N2地雷やで〜
・ヴンターが拘束ひっぺがして空飛んでったあたりでの「うわぁ…なんだか凄いアレな作品観にきちゃったみたいだぞ…」感
・↑の心境と窓から外を見つめるシンジ君とのシンクロ率ww
渚カヲルはホモ(確信)
・ピアノを弾いて通じ合う(意味深)
・あのネルフ本部、ゲンドウと冬月だけでせっせと運営してるわけ?
・↑二人が将棋してる間にせっせと照明ONOFFしてるゲンドウwwwwwww
・あっさり槍関連の皆の復活がどうたらを信じ込むシンジ君やばくね?シャブキマッてるレベルやろ
・13号機vs2号機は手描きエヴァですげーかっこ良かった
・最期一度目にプラグ開けにくるアスカが超必死で息切れしてて胸キュン
・結局マリって何者なの
・作画的カタルシスは上記の2号機とアスカの顔芸各種くらいかな
・もう(2号機くらいしか見どころが)ないじゃん…
・曲はあんましいいのなかった。あと予告BGMがコーラス入りだった。

・序
「なんかパチマネーも入ったし、日テレとかがやれやれってうぜーから何か焼き直しで作るわ。
そら一応作画は全部やり直すよ。Z新劇みたいなのはもうおめーらも嫌だろ?」

・破
「はいはいはい、どーせお前らこの辺の糞テンプレなラブコメ学園ロボットアニメの延長が観たかったんでしょ?
ほらほら、バッドエンド回避っぽくしてあげましゅよー、よかったでちゅねー
僕も結婚して丸くなったからね、まあ多少はね?」
鶴巻「まだ甘いっす!もっとこう叫びとか入れて暑苦しくしましょう!!」

・Q
「バーーーアアアアアアァァァカ!!!!!!www
そんなキモヲタどもの妄想になんか付き合ってやるわけねーーーだろ!!wwwwww
オラこんなくっそ予定調和な世界なんてぶっ飛ばしてやるよw
ねぇねぇ、ハッピーエンド期待して劇場きてみてどうだった?ねぇどんな気持ち?
もう人類滅ぼしちゃおう、こんなカスガキどもに未来なんか必要ねーよ!w
あ、アスカは元片想いの人のキャラだから活躍させるよ。
失恋からも立ち直ってるからね、
もうあんまり不幸にはしないよ、多分ね(ニッコリ」

こんな感じの作品だった。
完全に次の:||に繋げるための作品だから、なんかカタルシスが足りない感じでしたね…
ぶっ壊した世界観の説明に大多数使っちゃった感じ。

ところで:||ってのはリピート記号なんですが、これは最初に戻るって事なのかな?
あとヱヴァンゲリヲンエヴァンゲリオンに表記変わってるね。
EoEとかTV版とリンクしてくる可能性が微粒子レベルで存在している…?


ラストシーンにて、アスカがエントリープラグ開けにきたあと、赤い大地を踏みしめて歩き離れて行くところで、

「気持ち悪い」

を期待したのは俺だけでは無い筈。

劇場をでた人たちがみんな無言でカウンターに
パンフレット豪華版を買いに行っていたのが印象的でした。
「ええい…何でも良い、情報をくれ…」みたいな。

さてさて、
エヴァ板見て
wiki見て
色んな感想エントリ見て
もう一度観に行きますかね。



P.S.
次回作タイトル、

のところは楽典では"終止線"と呼ぶので、

次回作の呼び名として

"エヴァ終止"
"終止"

を提唱します!!